循環器内科

健和会大手町病院循環器内科の特徴は、高齢者の重症心不全を数多く治療していることです。

高齢者の心不全では、症状が改善し自宅に退院しても、入院前の生活に戻れなくなっていることが多いのです。自宅に退院しても短期間のうちに再入院となってしまう割合が高く、大きな問題となっています。

大手町病院では心不全の治療と同時に医師、心臓リハビリ指導士、薬剤師、栄養士、看護師が連携を組んで心臓リハビリテーションを行います。退院にむけて、各種医療サービスや社会保障制度の利用案内、きめの細かい服薬指導、栄養指導、生活指導等、退院時指導を行っています。

当科では狭心症に対するカテーテル検査やカテーテル治療にも力を入れています。急性心筋梗塞に対する緊急冠動脈インターベンション(PCI)も数多く手がけています。

大手町病院は、院外で心肺停止となった重症心疾患患者が数多く搬送されてくるのも特徴です。心臓マッサージをされながら救急搬送された重症急性心筋梗塞に対する人工心肺作動下での緊急PCIの経験は豊富であり、低体温療法により高次脳機能を温存させ社会復帰に導いた患者さんも多く、集中治療の経験と実績を積み重ねています。

最近、動脈硬化症や静脈血栓症、肺血栓塞栓症のエキスパートも加わり、地域の皆様のお役に立てるよう充実した循環器医療を展開していきます。

主な疾患

  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞に対するカテーテル治療)
  • 閉塞性動脈硬化症(カテーテル治療)
  • 不整脈(緊急一時ペーシング、永久ペースメーカー移植術)
  • 肺血栓塞栓症(カテーテル治療)
  • 深部静脈血栓症(カテーテル治療)
  • 心不全(重症心不全に対する集中治療から軽症心不全に対する運動療法まで)
  • 高血圧
  • 心臓弁膜症
  • 心外膜炎
  • 心筋炎(重症例に対する人工心肺を用いた救命治療等)
  • 心筋症
  • その他、院外心肺停止の救命医療(人工心肺、大動脈バルーンパンピング、低体温療法等)

主な検査

  • 心電図、運動負荷心電図(トレッドミル検査)、24時間心電図(ホルター心電図)
  • 心エコー(経胸壁心エコー、経食道心エコー)
  • 末梢血管エコー(四肢動脈、静脈)、頸動脈エコー
  • 冠動脈CT検査
  • 冠動脈造影検査/心臓カテーテル検査
  • 末梢動脈造影検査、末梢静脈造影検査
  • 終夜睡眠ポリグラフィー(精密・簡易)
  • 心筋シンチグラム