2020年度

学会・研修名 参加者 発表演題名
第120回 日本外科学会定期学術集会 香川 正樹 当科におけるOncologic emergencyの治療成績と予後の検討
第34回 日本外傷学会総会・学術集会 三宅 亮 Massive transfusion protocol (MTP)整備によってもたらされたもの
松田 知也 鈍的咽頭外傷の2例の検討~早期気管切開を施行した1例と保存的加療を施行した1例~
第75回 日本消化器外科学会総会 香川 正樹 軟性鏡手術におけるエアーリークテストの有用性

2019年度

学会・研修名 参加者 発表演題名
第119回 日本外科学会定期学術集会 松山 純子 高齢者の腹部緊急手術に対して漢方を併用した周術期管理が奏功した3症例
第33回 日本外傷学会総会・学術集会 松田 知也 高リスク受傷機転の患者へのTERTIARY SURVEYの重要性の再認識~遅発性腸管損傷を経験して~
第38回 福岡救急医学会 三宅 亮 北九州医療圏市中二次病院外傷診療の現状と今後
第47回日本救急医学会総会 三宅 亮 外傷チームコミュニケーション―チーム到達点と介入ニーズを探る―
松田 知也 100万都市における高齢者救急の今後:当院が実践している”断らない救急医療”を振り返って
第11回 日本Acute Care Surgery学会 三宅 亮 Abdominal Emergency General Surgery ( AEGS ) におけるFrailty screeningとInterventionの重要性
松山 純子 超高齢者の小腸瘻を伴う腹部開放創に対し局所陰圧療法と持続低圧ドレナージ療法の併用が奏功し一期的に完全瘻孔閉鎖術が行えた症例
第81回 日本臨床外科学会総会 松山 純子 大腸癌術後に急性横断性脊髄炎を発症し術後縫合不全の治療に難渋した1例

2018年度

学会・研修名 参加者 発表演題名
第118回日本外科学会定期学術集会 三宅 亮 新専門医制度における外科専門医関連施設の Acute care surgeon 育成における役割
第22回日本救急医学会九州地方会 三宅 亮 市中病院外傷チームがもたらすマンパワー
長谷川 巧 外傷性脾損傷に対する当院の治療内容の検討
第32回日本外傷学会総会・学術集会 三宅 亮 市中病院の外傷チーム形成に参考にしてほしい事
第73回日本消化器外科総会 松山 純子 繰り返す上部消化管出血を契機に判明した後天性FXIII/13欠乏症の1例
第10回日本Acute Care Surgery学会学術集会 三宅 亮 当院における鈍的Ⅲb型肝損傷の11例の検討
第46回日本救急医学会総会・学術集会 三宅 亮 市中病院ACS short programから見た救急医・外科医・集中治療医の役割
長谷川 巧 敗血症を呈した脾膿瘍結腸瘻に対して経皮的ドレナージを行い脾摘を回避し得た一例
第80回日本臨床外科学会総会 松山 純子 超高齢者の鼠径ヘルニア嵌頓術後壊死性軟部組織感染症の一例

2017年度

学会・研修名 参加者 発表演題名
第31回日本外傷学会総会・学術集会 三宅 亮 当院外傷チーム(Trauma team activation)の検討
第9回日本Acute Care Surgery 学会学術集会 三宅 亮 Acute Care Surgery Team と他科混合で対応した降下性壊死性縦隔炎の2例
第45回日本救急医学会総会・学術集会 三宅 亮 鈍的外傷来院時心肺停止症例の検討~ER開胸(ERT)の妥当性~

2016年度

学会・研修名 参加者 発表演題名
第30回日本外傷学会総会・学術集会 三宅 亮 当院における高所墜落外傷113例の検討
花木祥二朗 当院における骨盤外傷22例の検討
第314回日本内科学会九州地方会 花木祥二朗 心停止後症候群で片麻痺と脳波で一側性周期性放電を呈したが予後良好であった男性例
第8回日本Acute Care Surgery学会学術集会 三宅 亮 術後集中治療管理を必要とした消化管穿孔手術症例の検討
第44回日本救急医学会総会・学術集会 三宅 亮 仮性動脈瘤破裂,NOMI,肝梗塞を併発した重症急性膵炎の1救命例
花木祥二朗 蘇生し得た交通外傷による外傷CPAの1例
第78回日本臨床外科学会総会 三宅 亮 Acute Care Surgery teamの発足~教育ツールとしてのACS指導方法
花木祥二朗 超高齢者の急性胆嚢炎における当院の治療戦略
第53回日本腹部救急医学会総会 三宅 亮 地方都市病院ERにおける急性腹症診療の実態とAcute care surgery教育
多発外傷後の重症偽膜性腸炎に対して結腸薬剤チューブ挿入・小腸人工肛門造設により救命した1例