ヘッダ背景

中毒センター

中毒センターは当院付属の分析センターであり、2名体制で24時間対応をしています。

1981年12月から2016年までに4000件以上の分析を行い、簡易検査(トライエージ・シアン・有機リン等)に加え、高速液体クロマトグラフ(HPLC)やガスクロマトグラフ/質量分析(GC-MS)などの分析器を有し、200種類以上を分析できることが特徴です。九州内でこのような施設は稀であり、地域からの分析依頼にも対応しています。

中毒センター分析依頼件数推移
ページトップへ