ヘッダ背景

外傷・CPAチーム

重症外傷とCPAの症例は、分単位で蘇生率が減少していく病態です。

当院は迅速な対応を可能にするために、24時間呼び出し体制となる若手主体のチームを、2004年から運営しています。

チームには救急科のほか、外傷外科や麻酔科、循環器科が含まれ、複数科にまたがる適切な治療戦略をごく初期の段階から行うことを目標にしています。

CPA搬入件数(2012〜2016年度)
チーム呼び出し件数(2014〜2016年度)
CpA入院率(2012〜2016年度)
2016年度重症外傷患者のER退室時転帰(ISS16以上)
ページトップへ