放射線科

近年画像診断分野の発達は目覚ましく、日常診療に非常に重要な役割を果たすようになっています。

新病院移転に伴い、画像診断装置の更新や増設が行われました。現在2台のCT(128列Dual sourceCTと128列CT)、2台の1.5テスラMRI、ガンカメラ(RI)、FPDマンモグラフィ、FDA-DSAなどの最新の機器が稼働しています。

診断報告書は放射線診断専門医によって作成されます。常勤医と非常勤医、遠隔読影医が分担し、正確で迅速な報告書作成を心がけています。院内では臨床各科からの画像コンサルトにも応じています。正確な診断や治療方針のために役立つ画像診断を目指しています。