看護部

健和会大手町病院看護部は「その人らしさを支える心あたたかな看護」理念として掲げています。

基本方針

  • 患者さんの思いに寄り添う看護を提供します。
  • 専門職としての自覚と責任を持った看護を提供します。
  • 広い視野をもって患者さんのニーズに対応できる看護を提供します。
  • 地域の方々と共に健康を守る活動に努めます。

スタッフからのメッセージ

山本 規美子(健和会大手町病院 総師長 認定看護管理者)

看護部では、「その人らしさを支える心あたたかな看護」を理念としています。ひとりひとりの生活、ひとりひとりの人生、ひとりひとりの思いに寄り添いながら、その方を支えられる看護集団でありたいと思っています。

諸永(もろなが) 幸子(ゆきこ)(健和会大手町病院 医療安全管理部 感染管理認定看護師)

私は現在、感染管理認定看護師&医療安全管理者として、病院に関わる全ての人が安心して治療に専念できること。更に、地域全体の質向上の取り組みが推進することを目標に活動を行っています。「いつでも、どこでも、軽やかに!」をモットーに、これからも活動の場を広げ、患者さんを中心としたリスクの少ない医療が提供できるよう、頑張ります!!!

佐藤 広子(健和会大手町病院 医療安全管理部 感染管理認定看護師)

私は感染管理認定看護師として、患者さんやご家族、そして、病院で働くすべての人を感染から守るために、日々、全職員と連携しながら感染予防に取り組んでいます。「手洗いを制するものは感染対策を制する!」を合言葉に、“いつも笑顔・いつも元気”で医療関連感染予防に努めていきたいと思います。

小林 留美(健和会大手町病院 15階病棟 感染管理認定看護師)

感染管理は感染の予防と管理を行います。「医療を提供する場で働く人々や患者さんやそのご家族に指導ができ、医療関連感染の予防と管理について問題解決の支援を行う」を目標に活動していきたいと思います。

梅﨑 哲也(健和会大手町病院 師長室 皮膚・排泄ケア認定看護師)

皮膚・排泄ケアとは創傷・ストーマ管理・失禁に伴う問題に対して患者さんに適切なケアを提供する事です。ウェルビーイングをモットーに全ての患者さんに満足していただけるケアを提供できるよう努めていきます。

柿本 満惠(健和会大手町病院 9階病棟 皮膚・排泄ケア認定看護師)

病棟に所属しているため、主に病棟の患者さんの皮膚・排泄ケア領域のケアに携わる中で入院中だけでなく、退院後もその人らしい生活が送れるように他職種と連携・協働ができるように努めています。

十時 綾子(健和会大手町病院 師長室 糖尿病看護認定看護師)

糖尿病患者さんが、病気と付き合いながらその人らしい健やかな生活が送れるよう、自己注射や血糖測定指導など療養生活への援助を行っています。また合併症の発症・進展予防のために、医師や多職種と連携して透析予防指導やフットケアに取り組んでいます。

時枝 佳世(健和会大手町病院 6階病棟 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師)

脳卒中リハビリテーション看護で大切なことは、発症直後から重篤化回避や合併症予防に努め、リハビリテーションが行える身体作りをすることです。また脳卒中による障害を抱えても、再びその人らしい生活を取り戻すために日々のケアでサポートしています。