臨床工学部

当院の臨床工学技士は24時間365日体制で医療機器を正しく安全に使用できるよう業務を行っています。臨床工学技士とは現在の高度医療に不可欠な医療機器のスペシャリストでありますが目線の先はいつも患者さんを向いています。

私たちは医療機器を正しい知識を持って安全に取り扱い、きちんと整備された機器を使用することが患者さんの安全を守るための第一の使命であると考え、患者さんと医療機器を結ぶ架け橋になるべく日々業務に取り組んでいます。

臨床工学部では、現在の臨床工学技士に求められる『医療機器を通じた高度な臨床技術の提供』『安全で安心な医療機器を提供する為の管理』の2点を主軸に業務を行っています。

また、医療、工学の専門知識を活かし、医療安全、災害医療、呼吸療法などのチーム医療にも積極的に参加しています。

透析技術認定士、呼吸療法認定士、医療機器情報コミュニケーターなど専門分野の資格取得にも力を注ぎ、医療の質向上を目指しています。

臨床工学部の主な業務

臨床技術科

臨床業務の技術提供

  • 救命救急での補助循環業務
  • 透析室、集中治療領域での様々な血液浄化業務
  • 心臓カテ-テル業務、ペースメーカ管理業務
  • 内視鏡業務
  • 呼吸療法業務 等
医療機器管理科

医療機器および周辺機器の管理業務

  • 生命維持管理装置、医療機器の保守点検、管理業務
  • 透析液の水質管理業務
  • 医療ガスなど医療機器周辺機器業務
  • 各科医療機器の管理業務
  • 系列病院の医療機器管理 等

各科共通業務:医療機器取扱いの為の教育・啓蒙業務

実際に医療機器を使用する医師、看護師などを対象に、医療機器の操作方法や正しい使用方法を説明します。