薬剤部

薬剤部門は、薬剤師が病院内で扱う医薬品全般について関わりを持ち、患者さんの安心安全な薬物治療に貢献をすることを目指しています。

外来はほぼ全てが院外処方のため、患者さんの飲み薬や注射薬の調剤を行っています。

薬剤によっては、体重や腎機能など状況により用量を変えなければならない場合があります。それらも確認した上で医師と相談しながら調剤を行っています。

また、当院では、錠剤やカプセルなどの飲み薬は原則として一包化調剤を行っています。朝食後、夕食後など1回分ずつ薬を包装する事で、間違いなく服用できるように支援を行っています。

その他の入院患者さんに対して、お薬の飲み方や吸引薬の使用方法の指導を行ったり、副作用が出ていないかなどチェックを行いながら、薬剤が安全に有効に使用できるように努めています。

大手町病院や戸畑けんわ病院では抗がん剤や一部の点滴の調剤も行っています。特に抗がん剤自体には毒性が強いものも多く、防護を万全にして、無菌的に調剤を行っています。

抗がん剤治療は、レジメンと言って疾患ごとに、体格や体重を元に投与量・投与間隔が厳密に決められています。薬剤師は、医師の計画した治療方法の確認と、実際に投与される薬剤の投与量や

投与間隔が正しいものか、また直近の採血結果を確認し、治療を行う事が可能かなども医師と相談しながら、調剤を行っています。

当院には、感染症、栄養サポート、緩和ケア、糖尿病など各種の専門性を持ったチームがあります。薬剤師も専門資格の取得に向けて取り組むとともにこれらのチームの一員として参加しており、

薬剤師としての視点から患者さんの治療を支えています。

また、健和会ではジェネラリストとしての薬剤師育成を目標としています。ひとつの分野だけではなく、全ての分野において一定のスキルを身につけること、急性期から慢性期まで幅広い視点を

持った薬剤師の育成に取り組んでいます。学生実習は、急性期病院で行われるため、慢性期病院の薬剤師業務はあまりよく分からないのはないでしょうか?

実は、急性期と慢性期では求められる薬剤師のスキルが異なっています。急性期では入院期間が短いために、自宅や施設に帰るまでに回復せず、治療やリハビリテーションの継続が必要な患者さんが

多くいます。そこで、慢性期病院に転院し、自宅復帰に向けた治療を継続していきます。

慢性期病院での薬剤師業務は、入院中の薬剤管理指導はもちろんですが、退院先の状況まで見据えたサポートを心掛けています。

退院後もアドヒアランスが維持できるように、患者さん本人や家族と一緒になって、薬の適正な使用に取り組んでいきます。