脳神経外科/脳卒中センター

健和会大手町病院の脳神経外科は、山口大学脳神経外科と連携し、「脳動脈瘤」「脳血管内手術」「頭部外傷」「頭痛」「脊髄・脊椎・末梢神経」「パーキンソン・てんかん・痛み・ふるえ・けいれん」「小児脳神経外科」と症状に合わせた専門外来を開設しており、急性期から慢性期において総合的かつ専門的な知識と診療技術により、患者さんのニーズに合わせた治療を行っています。

特に急性期では、脳梗塞に対するtPA治療、血行再建術(血管内治療)、脳内出血や頭部外傷に対する手術など、一刻を争う症例に対しても、365日24時間体制で対応できるようにしています。

外来では再発予防加療にも力をいれ、運動や食事療法に加え薬物療法や外科的療法まで幅広く行い、適応のある患者さんに対しては、急性期治療終了後に関連施設である大手町リハビリテーション病院と連携し、スムーズに回復期リハビリテーションに移行できる体制を取っています。

また、当院では脳ドックも実施しており、結果については山口大学脳神経外科専門医が判定いたします。脳ドックは、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の発見や脳梗塞の発見に有効です。是非ご利用ください。

※お申込みは脳ドックページから

 

 

脳神経外科的手術件数