はじめに

当院では2019年4月に高気圧酸素治療装置(第1種)を導入しました。高気圧酸素治療は、幅広い疾患での治療効果が報告されており、当院では、多くの患者さんの治療に活かしていき、地域医療への貢献を目指していきます。

高気圧酸素治療とは・・・

高い気圧環境の中で、100%の酸素を吸入することにより血液中の酸素量を増加させて、手足の先端まで酸素がいきわたり、酸素不足の状態にある組織に対して改善を図るものです。

高気圧酸素治療の適応

高気圧酸素治療は、様々な疾患に適応とされており、健康保険の適応とされている疾患は以下の通りです。 

  • 減圧症または空気塞栓に対するもの ※発症後1ヶ月以内に行う場合
  • 急性一酸化炭素中毒、その他ガス中毒
  • 重症軟部組織感染症(ガス壊疽、壊死性筋膜炎)又は頭蓋内膿瘍
  • 急性末梢血管障害
  • 重症の熱傷又は凍傷
  • 広汎挫傷又は中等度以上の血管断裂を伴う末梢血管障害
  • コンパートメント症候群又は圧挫症候群
  • 脳梗塞
  • 重症頭部外傷後若しくは開頭術後の意識障害又は脳浮腫
  • 重症の低酸素脳症
  • 腸閉塞
  • 網膜動脈閉塞症
  • 突発性難聴
  • 放射線又は抗癌剤治療と併用される悪性腫瘍
  • 難治性潰瘍を伴う末梢循環障害
  • 皮膚移植
  • 脊髄神経疾患
  • 骨髄炎又は放射線障害
  • スモン

治療の流れ

1・専用の治療着(綿100%)に着替えます。

2・スタッフより、所持品チェックを行い、高気圧酸素治療室に移動します。
  ※ 高気圧酸素治療装置内に持ち物は持ち込めません。
  ※ トイレは事前にお済ませ下さい。

3・臨床工学技士により、治療の説明と所持品チェックを行います。

4・高気圧酸素治療装置に入り、治療を開始します。
  ※ 治療には約90分程度要します。
  ※ 治療中は臨床工学技士がサポートを致します。
  ※ 治療中にすることは特にありませんのでリラックスしてお過ごし下さい。

治療を受ける際の注意点

詳しくは「高気圧酸素治療のご案内を参照ください」

治療装置の日常点検

治療開始前に臨床工学技士が高気圧酸素治療装置の点検を行い、安全性を確認しております。

地域連携・高気圧酸素治療法に関するご相談

高気圧酸素治療をご希望される場合は、当院の医療連携室にご連絡下さい。各科の医師及び高気圧酸素室の責任医師で相談に応じます。

 

 

お問い合わせ先

健和会大手町病院 医療連携室

TEL093-592-5530平日 8時40分~17時00分まで