薬剤部

薬剤部門の特徴

薬剤部

薬剤部門は、薬剤師が病院内で扱うおくすり全般について関わりを持ち、患者さんの安心安全な薬物治療に貢献をすることを目指しています。外来はほぼ全てが院外処方のため、主に入院患者さんの飲み薬や注射薬の調剤を行っています。薬剤によっては、体重や腎機能など状況により用量を変えなければならない場合があります。それらも確認した上で医師と相談しながら調剤を行っています。また、当院では錠剤やカプセルなどの飲み薬は原則として一包化調剤を行っています。朝食後、夕食後など1回分ずつ薬を包装する事で、間違いなく服用できるように支援を行っています。その他入院患者さんに対して、お薬の飲み方や吸入薬の使用方法の指導を行ったり、副作用が出ていないかなどチェックを行いながら、薬剤が安全に有効に使用できるように努めています。

大手町病院や戸畑けんわ病院では抗がん剤や一部の点滴の調製も行っています。特に抗がん剤自体には毒性が強いものも多く、防護を万全にして、無菌的に調製を行っています。抗がん剤治療は、レジメンと言って疾患ごとに、体格や体重を元に投与量・投与間隔が厳密に決められています。薬剤師は、医師の計画した治療方法の確認と、実際に投与される薬剤の投与量や投与間隔が正しいものか、また直近の採血結果を確認し、治療を行う事が可能かなども医師と相談しながら、調製を行っています。

当院には、感染症、栄養サポート、緩和ケア、糖尿病など各種の専門性を持ったチームがあります。薬剤師も専門資格の取得に向けて取り組むとともにこれらのチームの一員として参加しており、薬剤師としての視点から患者さんの治療を支えています。また、健和会ではジェネラリストとしての薬剤師育成を目標としています。ひとつの分野だけではなく、全ての分野において一定のスキルを身につけること、急性期から慢性期まで幅広い視点を持った薬剤師の育成に取り組んでいます。学生実習は、急性期病院で行われるため、慢性期病院の薬剤師業務はあまりよく分からないのではないでしょうか?実は、急性期と慢性期では求められる薬剤師のスキルが異なっています。急性期では入院期間が短いために、自宅や施設に帰るまでに回復せず、治療やリハビリテーションの継続が必要な患者さんが多くいます。そこで、慢性期病院に転院し、自宅復帰に向けた治療を継続していきます。

慢性期病院での薬剤師業務は、入院中の薬剤管理指導業務はもちろんですが、退院先の状況まで見据えたサポートが求められています。つまり、退院後もアドヒアランスが維持できるように、患者さん本人や家族と一緒になって、薬の適正な使用に取り組んでいきます。

若手職員からのメッセージ

1年目薬剤師

私が大手町病院に就職して早3ヵ月…通常の調剤だけでなく高カロリー輸液や抗がん剤の調製など色々なことをさせてもらえるようになりました! 色々な業務を初期からさせてもらえるので、覚えることが多くて大変だなぁと思う反面、いい意味での刺激にもなっていて楽しく仕事に励んでいます。
まだまだ知らないことも多く間違ったり失敗したりして落ち込む日もありますが、そんな時は優しく頼りになる先輩方が励まし、分からなかったことを根気よく丁寧に教えて下さるので、もっと頑張りたい、応えたいと自らが素直に思える良い環境の職場だと私は思います。私を支えて下さっているかっこいい先輩方の背中に1日でも速く追いつけるようにこれからも頑張っていきたいです。

3年目薬剤師

健和会では急性期の大手町病院、慢性期の戸畑けんわ病院、大手町リハビリテーション病院といろいろな環境で研修ができます。
研修では先輩がついてくれるので仕事のことから病気、薬のことなどを教えてもらい、わからないことだらけで不安な1年目でも安心してみんな仲良く過ごせます。他にもチーム活動は一通り参加して、特に自分の興味がある分野には積極的に関われます。
やりたいことがある人は偏らないように色んな知識を身につけ、まだ何に興味があるかわからない人は一通りやってみて自分に合うことを見つけたりできますよ!

各種取り組み

NST活動

NSTとはNutrition Support Teamのことです。
当院のNSTメンバーは、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・理学療法士・歯科衛生士で構成されており、栄養状態に問題のある患者さんをチームでサポートしています。
現在は、週に2回(火・木)、回診とカンファレンスを行い、個々の患者さんにあった最適な栄養療法が提供できるよう検討しています。
NSTにおいて薬剤師は、その専門性を活かし、輸液製剤の処方設計や簡易懸濁法の提案、使用薬剤の 情報収集及びポリファーマシー患者への薬剤管理などを行っています。

緩和ケアチーム

がん患者とその家族が早期から様々な苦痛を和らげられるよう、医師・看護師・薬剤師・リハビリ・栄養士・医療ソーシャルワーカーがチームとなり、週1回ラウンドを行っています。
緩和ケアは早期からの関わりが求められています。当院では各病棟のリンクナースにより、チームの介入が必要と考えられる症例を積極的に抽出しています。
がんだけではなく、非がん患者の介入も始まっています。
その中で薬剤師は、その対象となった方の投与中の薬剤はもちろん、採血結果、医師や看護記録などをふまえ、適切な鎮痛薬が選択されているか、緩下剤、制吐剤の評価など、患者さんの苦痛がすこしでも和らぐように、緩和ケアのラウンドにて提案をおこなっています。

ワーファリンチェイサー

医師、薬剤師、栄養士、検査技師、看護師で構成されており、入院患者の抗凝固薬(ワーファリン、DOAC[直接経口抗凝固薬])の適正使用を図るため、2週間に一度、循環器科医師を中心に、投与量の評価や、提案を行っています。
薬剤部としては、日々の調剤の中で、適応の確認や腎機能、PT-INRのチェックなどを行っていますが、アンダーコントロールの場合は充分介入できていないのが現状です。
ワーファリンチェイサーの一員として薬剤師が関わることで、アンダーコントロールとなっている症例も適正な用量の提案を行うことができています。
ワーファリンのみならず、DOAC使用症例も全例フォローし、安全な薬物療法に貢献しています。

資格取得状況

  • 感染制御認定薬剤師
  • 抗菌化学療法認定薬剤師
  • 薬剤師研修センター認定薬剤師
  • 認定実務実習指導薬剤師
  • 医療安全管理者認定
  • DMAT(業務調整員)
  • 栄養サポートチーム(NST)専門療法士

募集要項

基本情報

募集職種 薬剤師
採用数 5名(新卒・既卒)
雇用形態 正職員
採用日 随時
休日
  • 年間休日数 105日
  • 夏期休暇 2日
  • 年末年始 5日
年間 112日(年間変形労働時間制 1ヶ月ノ平均休日数9日)
休暇 年次有給休暇(初年度10日)・リフレッシュ休暇・各種慶弔休暇
独身寮 有(宿舎費:32,000円 水光熱費・共益費含む)
※2012年4月大手町病院隣接地に新築・ワンルームタイプ
勤務時間 8:40~17:00(大手町病院勤務の場合は、当直勤務あり)
勤務地 大手町病院・戸畑けんわ病院・大手町リハビリテーション病院・京町病院
(ローテーションあり)
初任給 236,710円
※暫定手当・薬剤師手当含む
世帯主手当 10.,000円
住宅手当 13,500円
家族手当 4,500円
通勤手当 公共交通機関
の定期代
※世帯主手当・住宅手当・家族手当は該当者のみ支給
昇給 定期昇給 年1回(5,138円 :2016年度実績)
賞与 4.0ヶ月(夏1.7ヶ月 冬2.3ヶ月)
2015年度実績(労使交渉による・年度により変動あり)

応募方法

提出書類
  • 履歴書(写真貼付)
  • 卒業見込証明書
  • 成績証明書
  • 免許証の写し
応募締切日 2018年7月11日(水)必着
試験日時 2018年7月14日(土) 9時~12時
試験会場 健和会 本部(別途通知)
採用予定者人数 5名
試験内容 面接、適性試験(筆記具持参)
採否結果 2週間程度で本人へ通知

書類送付先及び問い合わせ先

〒803-8543
福岡県北九州市小倉北区大手町14-18
大手町リハビリテーション病院 薬剤科
科長:橋本 裕数
TEL:093-592-1166(内線630)
Eメール:
※病院見学は随時可能です。(要事前連絡)

ページトップへ