在宅療養後方支援病院

在宅療養後方支援病院とは

在宅療養後方支援病院とは、ご自宅や施設にお住まいの患者さんが安心して療養できるように、緊急時にスムーズに病院に受診や入院ができる体制を構築した制度です。
当院では、「24時間365日の診療体制」「緊急時の受け入れ体制」を構築しており、「在宅療養後方支援病院」として地域の在宅医療を支えていきます。

対象となる患者様

ご自宅や施設にお住いの方で、訪問診療を受けられている方

利用の流れ

利用の流れ
1 事前登録

在宅療養をされている患者さんが、「緊急時の入院希望先」として当院をご希望された場合、かかりつけ医と相談をして、所定の用紙に記入頂き、事前登録をします。

2 情報交換

定期的に、かかりつけ医と患者さんの情報について、情報交換を行います。所定の用紙については当院より送付させて頂きます。

3 連絡・紹介

体調を崩した際には、かかりつけ医にご相談下さい。

4 紹介受診

かかりつけ医より、救急治療や専門的治療が必要と判断された場合は、当院にご連絡後受診をされてください。

5 入院

当院で診療を行い、診察の結果、必要に応じて入院加療を行います。

在宅医療を担当されている先生方へ

  • 当院を患者さんの緊急時の入院先病院として事前登録を行います。「入院希望患者様登録用紙及び同意書」に記載の上、用紙を医療相談医療福祉連携部までFAXか郵送で送付下さい。
  • 3ヶ月に1回、定期的な情報交換を行います。当院よりFAX又は郵送しますので、必要事項を記入の上、医療連携室まで返送をお願い致します。
  • 患者さんの緊急時は当院にご連絡の上受診下さい。
  • ご連絡の際には、【在宅療養後方支援病院の登録患者】とお伝え下さい。

※診療体制上、当院での受入れが困難な場合については、直接他院への搬送をお願いする場合がありますので事前にご了承ください。

利用の流れ

必要書式

医療介護福祉相談先

医療相談・医療福祉連携部

093-592-3386
受付時間 8:40 - 17:00

ページトップへ